不動産担保ローンは個人の経済的信用を担保にするのではなく、土地や不動産を担保にして利用するもので最近では普通の方も勉強をして利用する方が増えている

不動産担保ローンを利用する

不動産担保ローンは個人の経済的信用を担保にするのではなく、土地や不動産を担保にして利用するものです。

不動産担保ローンを利用するのは、不動産業界に精通した人というものが基本でしたが、最近では普通の方も勉強をして利用する方が増えているようです。(不動産担保ローンについての豆知識

しかし、個人の経済的信用を担保にお金を借りるのとは違い、不動産担保ローンを利用する際には、それぞれの違いを理解しておく必要があります。

例えば、キャッシング・ローンなどでは、お金を借りるのが個人の経済的信用を担保にするので年収の三分の1までしか最大お金が借りられないという条件が出てきます。

住宅ローンの場合やカーローンの場合は、借りたお金の使い方が、住宅の購入や車の購入に限定されるという形になります。

これに比べて不動産担保ローンは、不動産が担保になりますが、借りたお金の使い方はほぼ自由になります。

例えば、不動産担保ローンで借りたお金で旅行に行ったり、車を買ったりしてもいいというわけです。

こういったことを理解して、不動産担保ローンを申し込むことが前提となりますが、担保となる不動産の価値を査定することから始まり、本人確認、その上で審査となり、審査が通るとお金が借りられるというわけです。

ここで知っておかなければいけないのは、不動産担保ローンでお金を借りる場合は手数料が掛かるということです。

カードローンの場合、手数料は金利に含まれていますが、不動産担保ローンの場合には金利とは別に手数料が必要となるのです。