不動産担保ローンは個人の経済的信用を担保にするのではなく、土地や不動産を担保にして利用するもので最近では普通の方も勉強をして利用する方が増えている

不動産担保ローンを利用する際に注意すること

不動産担保ローンは土地や不動産を担保にして利用するもので、個人の経済的信用を担保にお金を借りるのとは違い不動産の価値が高ければ、数千万〜数億円の借り入れが可能となる場合があります。

不動産担保ローンを利用する際には、本人確認などの審査もありますが、基本的には担保となる土地の価値がもっとも担保の信用となるわけです。

例えば、市場価格が3000万円あったとすると、その60パーセントから80パーセントが借りられる金額となり、不動産担保ローンの会社によって違いが出てきます。

もちろん、担保となる不動産の査定自体、査定する会社によって違いが出るのが普通ですから複数の不動産担保ローンを提供している会社から見積を出してもらうのが普通です。

ですから、不動産担保ローンを提供している会社の多くは、大都市圏の不動産でなければいけないという条件があります。

つまり、不動産の流動性があるところでなければ、お金を貸すほうとしてもリスクが高すぎるというわけです。

お金を貸すほうとしては、しっかりと返済してもらうのは当然のこと、万が一、返済が滞ったら不動産を売却してお金を回収するというのが基本なのです。

ただし、たくさんのお金が借りられれば、それが一番と考えるのではなく、必要な分のお金が借りられればいいという基準で、金利や手数料などを考えて不動産担保ローンを選択することがポイントです。

返済ができなくなると大切な財産を失ってしまうからです。