不動産担保ローンは個人の経済的信用を担保にするのではなく、土地や不動産を担保にして利用するもので最近では普通の方も勉強をして利用する方が増えている

不動産担保ローンの肝

不動産担保ローンは不動産市況が冷え込み不動産価格が低くなれば融資の金額も大きくはなりません。

逆に、不動産市況に動きがある時期に申し込むと、思いもしない大きなお金が借りられる場合があります。

しかし、融資枠が大きくても返済が滞れば、不動産担保ローンを精算しなければいけなくなるのです。

返済が滞ったら、不動産を売却して借金を返済するということになりますが、不動産の価値が下がっていれば不動産を売却しても不動産担保ローンの残債を精算出来ないということも起こりうるのです。

こうなると、不動産を失ってしまうだけでなく、借金も残り、返済は続けなければいけなくなるという状況に陥ってしまうわけです。

不動産担保融資の融資の審査による融資の上限額が、金融機関によって違うのは当然ですが、不動産担保融資を一括返済する際にも解約違約金が発生する契約となる金融機関もあります。

お金を返すのだから分割でも一括でも同じではないかと考えがちですが、不動産担保ローンの会社にとっては、長く返済を健全に続けてくれるほうがいいお客様というわけです。

不動産担保ローンを利用するときにはメリットを比較することのほうが多く、返済ができなくなったことを考えない方が多いようです。

期限前償還の解約違約金などを含め、返済ができなくなったときの条件を複数の金融機関で比較することがとても大切です。

一括返済・中途解約の手続きは不動産取引そのもの、不動産担保ローンの肝なのです。